引越し 概算 相場

引越しの概算費用をかんたんに知る方法

引越し 概算 費用

引越し 概算 相場

引越し 概算 料金

引越し 相場 費用

引越し だいたい 費用

 

引越しの際、新居の契約金、家具や家電の購入、不用品の処分費などいろいろとお金がかかりますね。
だからこそ引越し費用は抑えたいと思いませんか?
もちろん相場よりも安くしたいですね。

 

どこの引越し業者が1番費用が安いかは、相見積もりで比較しなければわかりません。相場もです。
※相見積もり・・・いくつかの引越し業者から見積もりを取ることです。

 

あなた自身の引越しの相場を知りたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

引越し費用=荷物の量+新居までの距離+オプション

 

荷物の量が多いとスタッフの数も多くなりますし、トラックも大きなものを用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いとガソリン代もかかりますし、運転を交代するスタッフが必要になります。
オプションとは、不用品の処理費やエアコンの取り付け費などです。

 

他にも物件にエレベーターがない、前の道が狭くてトラックが横付けできないなど条件によって値段がかわります。
同じ条件で見積もりを取ることで、相場はもちろん、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し時期と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

3月は引越しの繁忙期です。
細かく言うと「2月の終わりから4月の頭まで」が繁忙期と言われています。

 

どうして3月に繁忙期になるのでしょうか?

 

それは日本では4月の新学期を迎えるからです。
新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するのです。

 

長い大学受験を終えた新大学生、就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期から新天地に飛び込みます。
その準備のために学校や職場の近くで一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

また日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に大きな人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月の新学期をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。
これらに加えて通常の引越しもありますから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増員したり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますが、それでも間に合わない日もあります。
そういう日は予約を受け入れてもらえないことが本当にあります。

 

ですから繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

こんな状態ですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも仕方ないですね。

 

 

引越しの上手な手順

 

引越し 手順

 

引越しが決まったらすることが多くて焦りますので、手順を一度ぜひご確認くださいね。
当日まで落ち着いて、焦らずに過ごせるといいですね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけ見るとすることが多くてうんざりしますが、時期が違うので少しずつやれば案外大変ではありません。

 

まず引越し業者に見積もりをするタイミングは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の情報も引越し費用に関係するので、新居が決まる前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
引越し当日、クレーンが必要になって追加料金が発生するようなトラブルは避けたいですね。

 

そして新居に持って行く荷物は、引越し前に出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるからです。この費用は勿体ないです。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に「転出届」を提出します。
引越し日の2週間前から提出することができます。

 

電気・ガス・水道は引越しする日までは現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り計算してくれます。精算方法は会社によって異なるので電話で確認してください。
同じ市内での引越しなら、同時に引越し当日から新居で使えるように手配しておいてくださいね。

 

引越ししたからといって、郵便物が新居に届かなくなるのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出しておけば、1年間は新居に郵便物を転送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
しかし大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品、写真データなどは自分で運びましょう。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に「転入届」を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に「転居届」を提出します。
これらは引越し日から2週間以内に行ってくださいね。

 

荷解きはどうぞゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などの身分証明書になるものは、早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安く

 

引越し費用は、条件次第で今よりも安くすることができるかもしれません。
どんな条件で引越しをしたら、引越し費用は安くなるのでしょう?

 

引越ししたい人が少ない日を狙いましょう。
ズバリ平日がオススメです。

 

引越しの予約は土日祝日、月末・月初め・そして大安が多めになります。
逆に平日や仏滅は予約が少なくなるため、引越し料金は割引されやすく結果として安くなる傾向にあります。

 

時間でいうとやはり午前中は人気があります。休日が無駄になりませんから当然ですね。

 

料金的に言えば午後からの引越しのほうが安くなります。
しかし午後は前の引越しが長引いたり、渋滞で予定通りの時間からスタート出来ないこともあるので、イライラしてしまう方には向きません。

 

そのリスクの分、午後便は割引されますから時間に余裕がある方にはオススメです。

 

またこちらからは時間を指定しないフリー便も割引があるのでオススメです。

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたならご近所やこれからお世話になる方々へ挨拶に行きましょう。
学校でも会社でも最初の挨拶は基本です。普段の生活でも同じです。

 

挨拶に行くタイミングは、引越し当日か翌日が一般的だそうです。

 

最初に行かなければそのまま何年も過ごすことになりますから、引越し作業の合間をぬって行ってくださいね。
挨拶に行くのは引越し作業でトラックが道路を塞いだり、ドタドタ足音が響いて申し訳ありませんという謝意も込められています。

 

このタイミングを逃すと行くのがものすごく面倒になりますし、先に駐車場や道路でバッタリ会ってしまうと一層行きにくくなってしまいます。

 

ではどこの家まで挨拶するものなのでしょう?

 

マンションなら上下左右の部屋の方に、一軒家なら向こう3軒両隣に挨拶しましょう。
他にも大家さんや管理人さん、一軒家であれば自治会長さんなどにも挨拶をしておきたいですね。

 

手ぶらで挨拶に行く方もいますが、お互いに初対面ですから簡単な手土産を用意して名前の書いた熨斗(のし)をつけて送るといいですよ。
熨斗は「御挨拶」と名前を記載しましょう。

 

手土産はお菓子・お茶・タオル・洗剤などの消耗品で500〜1000円くらいのものがオススメです。