引越し 概算 相場

引越しの概算費用をかんたんに知る方法

引越し 概算 費用

引越し 概算 相場

引越し 概算 料金

引越し 相場 費用

引越し だいたい 費用

 

引越しの際、新居の契約金、家具や家電の購入、不用品の処分費などいろいろとお金がかかりますね。
だからこそ引越し費用は抑えたいと思いませんか?
もちろん相場よりも安くしたいですね。

 

どこの引越し業者が1番費用が安いかは、相見積もりで比較しなければわかりません。相場もです。
※相見積もり・・・いくつかの引越し業者から見積もりを取ることです。

 

あなた自身の引越しの相場を知りたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

引越し費用=荷物の量+新居までの距離+オプション

 

荷物の量が多いとスタッフの数も多くなりますし、トラックも大きなものを用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いとガソリン代もかかりますし、運転を交代するスタッフが必要になります。
オプションとは、不用品の処理費やエアコンの取り付け費などです。

 

他にも物件にエレベーターがない、前の道が狭くてトラックが横付けできないなど条件によって値段がかわります。
同じ条件で見積もりを取ることで、相場はもちろん、1番安い引越し業者を簡単に見つけることができますよ。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し時期と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

3月は引越しの繁忙期です。
細かく言うと「2月の終わりから4月の頭まで」が繁忙期と言われています。

 

どうして3月に繁忙期になるのでしょうか?

 

それは日本では4月の新学期を迎えるからです。
新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するのです。

 

長い大学受験を終えた新大学生、就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期から新天地に飛び込みます。
その準備のために学校や職場の近くで一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

また日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に大きな人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月の新学期をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。
これらに加えて通常の引越しもありますから、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増員したり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますが、それでも間に合わない日もあります。
そういう日は予約を受け入れてもらえないことが本当にあります。

 

ですから繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

こんな状態ですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも仕方ないですね。